1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2010年06月03日

オホーツクタワー - 紋別市海洋公園 - 【 日帰り道東ツアー No.4/6 】

さて前回は花の時期が終わる前にという事で前後しましたが、
いったん時間をさかのぼり、紋別市編へ戻ります!

以前は、芝桜を見てからの移動途中に紋別市で道草を食べてた所まで。
3か所で入場料1,000円の格安っぷりに流され、予定を大幅に変更するのでした。
オホーツク流氷科学センターを出て次に向かったのが、こちら!

オホーツクタワー 電動バスでどんぶらこ〜

「 オホーツクタワー 」
海中の展望室より、オホーツク海を海中より見学する事のできる施設となってます!
港にあるゲートよりず〜っと伸びた通路を通って、500m先のタワーまで移動。
地図で確認すると、タワーの四方が海で囲まれているのがわかります! 
歩いて行く事も出来る様ですが、10分間隔位で電動バスも出てますので楽もできます!

そうこうしている内に電動バス到着!! 遅れない様にそそくさとバスにかけ込みます。
…、……、う〜ん、何故か油臭い…。 電動バスのくせに。
空気を察した運転手さん、事情を説明してくれました。
どうやら電動バスは出張中…、行き先はかみゆうべつのチューリップ公園。
不足分を地域でうま〜く回してるんですな〜、節税OKです!!

毛の生えたかに ぐうぁ〜お〜! 
ナイスネーミング!ナメダンゴ! カジカとホッケ 

バスに揺られる事数分、タワーに到着です!
通常の入場料は大人800円、セット価格は本当にお値打ち価格! イヤ‐,タスカル。
1階には売店等、2階には映像等の見て学ぶ施設、3階が展望スペースとなっています。
そしてメインは地下1階! 海中展望フロア アクアゲイト!!
この日の海中に魚は…、いませんでした〜! ザンネン…。
   
  
けど水槽がたくさんあり、その中で魚が展示されています。
オオカミウオがいたり、人の古くなった角質を食べるドクターフィッシュなんかもいました!。
クリオネもいましたがウジャウジャではなかったです。  むしろ適量でした。
中でもよかったのが、フーセンウオとナメダンゴ!
可愛らしい見た目通り、泳ぎ方も可愛かったです! ネーミングもいいっすよね!

タワーからみたガリガリ君  

最後に3階の展望スペースに寄ってみました!
港に見えました赤い船、有名なガリンコ号です!
今度流氷の時期になったら一度乗ってみたいな〜と思いつつ、こちらを後にしました!
なお、2010年の7/23〜8/21はPM8:30までの夜間営業もあるみたいです。
夜間の海中を見る事ができる様みたいなので、機会があれば行ってみたいです!

さて次が最後の3か所目。 目的地はこれまたすぐ目の前。
アザラシの飼育施設へ行ってきましたので、そちらのご紹介となります。
でも、これだけ回って移動時間がほとんど無しってのは凄くいいですね!


↓↓↓
  ブログランキング参加中!  ↓↓↓

  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑


【 オホーツクタワー 】
北海道紋別市海洋公園1番地
TEL : (0158)24-4040
入場料 : 大人(中学生以上)800円 ・ 子供400円




1/6 【 滝上公園 】
2/6 【 オホーツク流氷科学センター 】
3/6 【 かみゆうべつチューリップ公園 】
5/6 【 オホーツクとっかりセンター 】
6/6 【 太陽の丘えんがる公園 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ
posted by tomo. at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の動物園・水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク