1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2010年06月24日

千歳市防災学習交流センター 「 そなえーる 」 - 千歳市北信濃 - 【 札幌近郊日帰り見学旅行 No.2 】


↓↓↓
  ブログランキング参加中!  ↓↓↓

     人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑


村上牧場を出た後に、次はどーしようかと考えていた矢先、目の前に赤い看板を発見。

そこそこの数の人の姿も見受けられたので、迷わずにとりあえず入ってみました。

ここは、千歳市が運営する、防災学習交流センター 「 そなえーる 」 という施設。

入館料が無料だった事も、行く事をきめたきっかけの一つです。


そなえーる 
 

何かを彷彿させる様な形の赤い看板…。

くりぬかれているこの空間は、子供だけではなく大人心までもくすぐりませんか?

しかし、先にこの空間にはまってた子供の前ではしゃぐ訳にもいかず、自制心でここは切り抜けた…。


展示スペース 

この施設は、防災に関する知識や、災害が発生した際の行動を学ぶ為の施設です。

まず始めに、館内には展示スペースがあり、千歳市の防災に関する取り組み内容がはじめに展示してあった。

他に、防犯ベルや防災頭巾などの防災グッズが展示してある。


展示スペース 

こちらは消防の方達が、作業の際に着る服。

現代の物もいいけれど、わたくしはやっぱりレトロな物へ目が行ってしまいます。


地震体験コーナー 


この手の施設…。 メインはやはり災害体験コーナーだと思います。

もちろん、この施設にもあり、写真のは地震体験コーナー。

震度1〜7までを体感する事ができる他、過去に日本で起きた大地震も体験する事ができます。

わたくしが体験した時は、関東大震災を再現した揺れでした。

なめてかかってましたが、震度6弱位から捕まってないと吹っ飛ばされそうな位の揺れになりました…。

捕まる手にも力が入る…。 戸棚に金具付けようかと、本気で思いました。


煙非難体験 


次に、煙非難体験コーナーへ。

室内に煙が充満しており、視界の利かない室内を数か所のドアを開けつつ出口へ向かう。

もちろん煙は無害な物を使用しているとの事だが、稀にアレルギーが出る人もいるとの事。

室内はセンサーが張り巡らされ、130CM以下の低姿勢で進まないと、ブザーが鳴る仕掛けだそうです。

ガラス越しの所は、まだ光がさす為、進む事ができるが、光の届かない部屋では少し先の視界も利かない状態。

ドアのノブを見つけるのにも時間がかかる状態でした。



その他に、てんぷら油やコンセントからの発火現象を見る事ができる、予防実験コーナー。

救助袋や非難はしごの使用体験ができるコーナー等があったが、この日は休止中。 残念でした…。

まだ建設中の施設もあり、実際に救助体験等ができるコーナーも来年以降にオープン予定らしいです。



今回いきました、ここ、そなえーる。

子供が学習するには最適な場所ですけれども、大人も是非一度体験する価値があると思います。

機会があれば、お子様と一緒に社会科見学はいかがでしょうか?



【 千歳市防災学習交流センター そなえーる 】
千歳市北信濃631番地の11
TEL : (0123)26-9991 / FAX : (0123)26-9992
開館時間 : AM10:00〜PM9:00  (展示施設はPM5:00まで)
休館日 : 月曜日 ・ 毎月の最終火曜日 ・ 年末年始
入館料 ; 無料




過去の日記一覧へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク