1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2010年07月03日

奥沢水源地 - 小樽市天神町 - 【 小樽観光体験記 Vol.3 】


↓↓↓
  ブログランキング参加中!  ↓↓↓

     人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑

五百羅漢像を見学した後は、小樽の水道水供給の場を見学してきました。

それがこちら、「 奥沢水源地 」 となります。


奥沢水源地 


駐車場に車を止めたら、100M位の道を歩きます。

駐車場から既に見る事ができる位の距離にあります。


奥沢水源地



奥沢水源地は勝内川上流に位置し、1914年に当時の最先端技術を持って作られたとのこと。

ほとんどは人力で作られたもので、完成までに6年と9カ月もかかったそうです。


 奥沢水源地 


山に近いせいもあってか、出るんですね〜、マムシ…。

わたくしは見た事がありませんが、行かれる際はご注意下さい。


ちなみにこの写真の奥、少し小高くなっている所がおわかりになるでしょうか?

これはダムの堤防です。 ここのダムの特徴ですが、土を盛りかためて作られた物だという事です。

道央で他に土のダムがあるのか、詳しくないのでわかりませんが、北海道では3番目に古いダムとの事。

1985年 「近代水道百選」、2008年 「選奨土木遺産」 に選ばれたと、案内板に記載がありました。


奥沢水源地



そして今回の目的がこちらの景色。  「 水すだれ 」 と呼ばれています。

ダムから放水路へ流れる水の落差は、21Mにもなります。

その勢いを和らげるために、この様に階段式にしているそうです。


余談ですが、水すだれを見る事ができる放水路には橋がかかっており、ここが一番見栄えがよい場所となります。

いつも通りであれば、正面からや逆のアングルから再度写真を撮りたかったのですが、橋の真ん中で家族連れが、ブルーシートを引いてお弁当広げているのを発見…。

橋の向こう側には鉄柵があり素通りできなかったので、ここは断念してしまいました。

弁当の上をまたいでいくのも気分がよくないし、元々幅もそんなにない橋でしたしね…。

人があんまり来ないし気持ちは分かるが、その辺のモラルを子供に教えるのも仕事なのでは…、お父さん??


奥沢水源地 

駐車場横にあった自動販売機。 上段にはずら〜っと、 「小樽の水」 !

この水源から作られているので気持ちは分かるが、この自動販売機でのシェアはいったいどの位なんでしょうか?

味に関しては、あいにく違いを見分ける事のできる舌は持ち合わせていません…。

興味のある方はお取り寄せ下さい。 すみません…。


ちなみに、ここを更に山の方へと進むと、「 天神浄水場 」 に辿りつきます。

天神浄水場自体は立入禁止となっていますが、この奥の山道を約4KM程進むと、「 穴滝 」という滝が現れます。

わたくしは行った事がありませんが、こちらの滝は洞窟状になっている空洞から、滝の裏側を見る事ができるそうです。

裏見の滝と呼ばれるそうですが、比較的珍しいものだとか…。

小樽関連のブログで結構紹介されているので、いつか行ってみたい場所の一つ。

一度チャレンジした際は、かなりの軽装で行ったのと、クマ対策を何もしてこなかった為、途中で断念…。

その内、ここでご紹介できればと思います。



【 奥沢水源地
小樽市天神2丁目
TEL : 0134-32-4111 (小樽市役所)




過去の日記一覧へ
posted by tomo. at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の滝・河川・湖沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク