1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2010年07月09日

ローソク岩 - 余市郡余市町潮見町沖 - 【 札幌近郊日帰り旅行 No.6 】


↓↓↓
  ブログランキング参加中!  ↓↓↓

     人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑


そういえば、神威岬へ向かう途中の余市の端の方には奇岩と呼ばれる変わった岩がある。

その中で一番有名なのが、余市町潮見町の 「 ローソク岩 」 だ。


ローソク岩と呼ばれる岩は全国に多数ある。

その由来の多くは夕日が岩の先端に重なった際に、火のついたローソクの様に見えるからとの事。

ここのも同じだとずっと思っていたが、調べるとどうやら違う見たいで、二説となえられているみたいだ。

昔この地域でニシン漁が盛んだった頃、岩肌にニシンの鱗が岩に張り付き、ローソクの様に光ったとする説。

もうひとつが、ニシンを追ってきたカモメが、岩にびっしりとフンをし、その中のリンの成分が夜中に光ったからとする説。

どちらにもニシンが絡んでいる様だが、ニシン漁が盛んだったのは明治から昭和初期とかの話。

最盛期にはニシンを堆肥として利用していたという話が残る位なので、いかに豊漁だったかが伺える。

どちらの説にせよ、その時の勢いが復活し北海道経済に潤いを取り戻してほしいとも思う。


余市町 ローソク岩
  

余市町 ローソク岩 


こちらが、そのローソク岩の写真です。

特に展望台とかのビューポイントがないので、国道沿いで車を止め撮影してきました。

岩自体は約46M程ある様ですが、550M位沖にある岩との事ですので3倍ズームのデジカメでは歯が立ちません…。

更に夕日により逆光で真っ黒…。 次はいいカメラ買う事にします。


この手の物には大抵言い伝えというものがつきもの…。

探してみると、やっぱりこの岩にもありました。

海の女神からもらった剣と兜を持った若い漁師が、魔物を退治するべく旅にでる。

が、若い漁師はその後戻る事がなく、海に沈んだ剣と兜が岩となり海面に現れたという伝説。

この手の話で、バットエンドってあんまり聞いた事なくないですか? なんだかせつなくなるな〜、とりあえず黙祷…。



【 ローソク岩 】
余市郡余市町潮見町沖



過去の日記一覧へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク