1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2010年10月01日

共和町かかし古里館 - 岩内郡共和町 - 【 5時間のみの時間限定ドライブ No.6/6 】

羊蹄山を離れ国道5号線をひたすら北上!余市経由で小樽まで帰る予定。
ニセコから倶知安を経由し、次に通ったのが共和町。
共和町といえば主産業は農業で、古くからの稲作地域。
その農耕の歴史を展示する「かかし古里館」の案内板がやけに目に入ってくる…。
なのでちょっとだけ寄ってみました!

かかし古里館 幌似小学校跡

国道5号線から276号線に入り、少し走ると見えてくるこちらの施設…。
共和町の農業・開拓・生活文化の歴史を伝える施設として建設された物だそうです!

施設に向かって右側の木造の建物がやたらと目につきます。
こちらは廃校となった旧幌似小学校。 展示施設として平成9年に復元されたそうです!
建物右手側には幌似小学校跡との石碑が立っていました。
木造校舎には縁がなかったので、無駄にテンションあがりました!

   展示スペース 
かかし スイカマン

流石に混雑する位の人はいませんでした。
駐車場にも車がほぼ止まってなかったので、入館者はわたくしと数人位…。
入場料は、小学生以上「100円」。 ヤスイ!
観光施設ではなく教育的な側面が強いので安くてあたりまえだけど、それでも安い方。
暇そうなおっちゃんに料金を支払い、いざ入館!

建物の左側には主に農業の歴史にかかわるものが陳列されています。
土器から農機具、農耕の歴史にはじまり、色々なかかしなんかも展示してありました!
共和町では毎年かかしをメインとしたお祭り、「かかし祭り」がおこなわれています!
そこに出されたかかし何かもこちらで展示してありました!

それにしても、かかしって色々あるんですね〜。
人型のかかししかイメージがなかったので、結構違和感ありました…。
入口前にはスイカ形のかかしがあったり、アンパンマンや鬼太郎なんかのもありましたよ!

旧幌似小学校中 味のある廊下で感嘆!
   便所には人型人形!

建物右側に移動、旧幌似小学校に入校します!
収蔵展示室と書かれた案内板が見えてくると、昔の懐かしい学校の臭いが!
こちら側には農機具を始め、当時の文書や衣食住に関わるものが展示されてます!

木造校舎の廊下を歩くと、木の香りや床のきしむ音などが…。
昔懐かしいものを見ていると何だか楽しくなってくるのは、年のせい何でしょうかね〜。
次に向かった男子トイレでは、用を足している男児の人形が!
壁に向かって用をたす場所なんてほとんど無くなったし、妙に懐かしく感じました!

テンション上がる! やったな〜、窓に落書き!
   当時の小学校の様子 
アップで一枚 とりあえず自分も着席してみました!

建物一番奥には当時の教室の様子が再現されてました!
自分の時には木造の机何か既にない時でしたので、全てが木製のこの教室は新鮮!
だけどここでも妙な懐かしさを覚えるとともに、テンション上がりまくりです!

石炭ストーブなんて使った事ないし、雰囲気がどう見ても昭和初期の人形達。
けど曇った窓に落書き位はしたし、試しに座ってみた椅子の低さにも驚いてみたり…。
自分がそれだけ成長してしまった事を感じ、不覚にもしみじみ何かしてしまったり…。
何にせよ楽しい気持ちで後にできたのが良かったです!

これでこの日の日程は終了!
途中、仁木・余市で寄り道をしてこうかと思ったけど、時間がないので帰りました…。
結局は5分だけ間に合いませんでしたけど…。

たった5時間のみのドライブでしたが、意外と遠出できるんだと言う事が分かりました!
なのでこれからは、もっと時間を詰めて攻めていこうかと思います!


【 共和町かかし古里館 】
北海道岩内郡共和町南幌似103‐13
TEL : (0135)73-2617  /  FAX : (0135)73-2617
開館時間 : AM10:00〜PM4:00
休館日 : 月曜・祝祭日の翌日・年末年始(12月26日〜1月2日)
入場料 : 小学生以上100円



No.1 【 毛無山展望台 - 小樽市朝里川温泉 - 】
No.2 【 トンデンファーム ホピの丘 - 余市郡赤井川村 - 】
No.3 【 山中牧場 - 余市郡赤井川村 - 】
No.4 【 ふきだし公園 - 虻田郡京極町 - 】
No.5 【 羊蹄山の湧水 - 虻田郡真狩村 - 】
No.6 【 共和町かかし古里館 - 岩内郡共和町 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク