1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2011年01月27日

青い池 - 上川郡美瑛町 - 【 2010年9月紅葉の旅 No.5/8 】

きっかけは、連れの行ってみたいの一言から。 
雑誌に乗ってた青い池に行ってみよ〜って事に急遽なりました。

時間もあんまりないし、すぐに層雲峡を後にし美瑛町に向かいます。
個人的には東川の天人峡方面へ抜けたかったんですがね…。
山から山への移動には、激しい批判を受けました…。
なので今回は仕方なく美瑛まで急いで向かいます。

層雲峡を抜け、旭山動物園、旭川空港を横目に美瑛町へ!
時間にして2時間弱位でしょうかね〜、無事に美瑛町に到着。
途中、以前に記事に上げた「ぜるぶの丘」で休憩をとり、青い池へ向かいます。
 ( → 「 ぜるぶの丘 」 の記事はこちら

JR美瑛駅近辺より白金温泉方面へ向かう事約18Km。
左手に駐車場入り口が見えてきます。
駐車場より池までは徒歩で移動。時間にして10分弱位。
結構な観光地になっている様で、個人客以外にも観光バスが数台きてました!

   青い池看板
 
道が1本しかないから、看板なくても行けるとは思うんですけどね。
親切に看板が幾つか立ってます。

池までの道は舗装のされていない砂利道。
なのでスニーカーで行かれる事をお勧めします!
ヒールとかは出来るだけ避けた方がいいですよ。
まぁ、自然を見に行く時は何処行く時もそうですがね。

   青い池
   青い池2

そしてこちらが青い池!  ほんとに青い!!!
池の中で立ち枯れている木が、いい雰囲気を出してます!!
お客さんもたくさん来てて撮影ポイントを探すのも大変な位でした。

こちらの池自体は元はえん堤だそうです。
昭和63年の十勝岳噴火の後、火山泥流を溜める為に、こちらのえん堤を作りました。
そこに水が溜まり、いつの間にか 「 青い池 」 と呼ばれる様になったとか。

そもそもこの池、何で青いかといいますと、以下の通り。
白金温泉地区より湧き出ている水に含まれるのが、アルミニウム成分。
これが美瑛川の水に混じる事で、コロイドとかいう成分が出来上がるとか…。
コロイド粒子が太陽光を散乱させ、波長の短い青い色を反射させ、池を青く見せるそう。
ただ過去に行われた水質調査の結果でも、はっきりとは解明していないそうですがね。

さて、青い池を堪能したし、次はやっぱり滝だろ!って事で、進路は白金温泉方面へ!
時間も16時を回ってきたし、ここらでラストスパートかけて行きます!



【 青い池 】
北海道上川郡美瑛町白金



No.1 【 層雲峡黒岳ロープウェー - 上川郡上川町 - 】
No.2 【 銀河の滝・流星の滝 - 上川郡上川町 - 】
No.3 【 大函 - 上川郡上川町 - 】
No.4 【 Beer Grill Canyon - 上川郡上川町 - 】
No.5 【 青い池 - 上川郡美瑛町 - 】
No.6 【 白ひげの滝 - 上川郡美瑛町 - 】
No.7 【 美瑛神社 - 上川郡美瑛町 - 】
No.8 【 MERLE メルル - 上川郡美瑛町 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク