1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2011年03月05日

グレートウォールシェラトン - 中国 北京 - 【 番外編 1日目/3泊4日 2010年北京の旅 No.2 】

帰宅ラッシュでなかなか進まないバスの中では、ツアー日程の説明が延々。
しかし、なかなか日本語の達者な中国人ガイドの説明は的確。
ただコンプレックスがあるのか、やたらと稼ぎの少ない事を主張してました。
エリートでないと多くの収入を得られないという格差社会は、日本と同じみたい。
加えて、職業を自由に変えられない様なボヤキも交じってました。
共産主義の中国では普通だと思ってましたが、結構不満な方もいる様です。

空港を出てホテルに到着したのは、夕方過ぎ。
この旅で宿泊するホテルはこちら!
グレートウォールシェラトン!(中国語表記:北京喜来登長城飯店)

        シェラトン

到着した頃は既に薄暗かったので、こちらの写真は後日撮った写真。
結構立派なホテルです!  早速中へ入ってみました。

        エントランス 

こちらがエントランス。 金色がやたらとまぶしい!
チェックインの手続までした所で、ガイドの方とは一旦お別れ。
翌日の7時にエントランスにて待ち合わせって事だけを確認して、部屋に行きました。

室内 水回り 

部屋の様子はこんな感じ。 うん!十分に綺麗な部屋です!
ここを拠点に北京を回る事となるのでした。
それよりもそろそろお腹が空いてきた。
回りの飲食店とかもわからないので、とりあえずホテル上階のレストランに向かいました。

レストランではチャイナドレス姿の店員さん達がお出迎え。
そんなに混んでる様子もなくすんなりと席に通される。
早速メニューを渡されるも、漢字だらけのメニューからはどれが何なのか一切不明。
とりあえず適当に頼もうとするも、これがこの旅での中国人との初コンタクト。
英語の対応はできても日本語の対応はできない中国人スタッフ。
対し、中学生レベルの英語しか思い出せない、わたくし達日本人2人。 
更には中学生レベルの英語すら、発音が悪くて伝わらないという事実…。
一杯の水すらたのめない現状に、ただひたすら困る。
メニューを指差し、ジェスチャー混じりの英語で何とか注文できました。

乾杯はビールで お口直しのおつまみ 
   ひつじを串に刺して焼いたもの 
   何かイメージと違うものが… 
   なんて麺だったっけな〜 
   これは坦々麺 

乾杯はビールで! 中国のビールでチンタオって奴。
さっぱりした喉越しで飲みやすいけど、くせがなく薄い感じ。
好き嫌いあるな、きっとこれ。 わたくしは日本のが好きです。
小皿に乗ってるのは、お口直しの豆と野菜。
辛い物の合間なんかに食べて、口を落ち着けるのだそうです。

他、上から順に、
 ・ ひつじの串焼き
 ・ しらたきと牛肉の煮込み
 ・ 焼きそば見たいなもの
 ・ 坦々麺

オーダー間違えて麺2種類も注文してしまった…。でもどっちも美味しかったから良し!
煮込みはかなり辛くて、友達は途中でギブアップ。串焼きはとっても美味しくいただきました! 

   1Fレストラン 
 
ご飯を食べ終わってからは、散策開始! まずはホテルの中から。
っても、売店位で特に見る場所は無かったので、そそくさと外へ!
ちなみにこちらの写真は1Fのレストランの様子。夜はステージでショーなんかもやってました!

この日外に出た目的は2つ! ホテル周辺のお店の散策と、水の購入!
北京の水は硬水で飲むと下痢を起こしやすいと聞いてたので、飲料水の確保を第一としました。
ちょうど良く10分位歩いた所にデパートがあり、そこで購入!ついでにデパート内も散策。
日本のデパートと品ぞろえなんかは大差はないなって感じだけど、接客態度には大差あり!
大声でしゃべくりまくっていたり、物を売ろうって気は全く感じられず…。
よくやっていけるな〜、ってのが感想。 これも共産主義だから?

ホテルの周辺には何件か飲食店や商店はあったけど、栄えてるって訳ではなかったです。
事前に確認済みだったので驚かなかったけど、どうせならもっとあってもよかったかな。
なんだかんだでこの日は終了!夜の12時位には次の日に備えて就寝しました。


【 グレートウォールシェラトン 】
中国北京朝陽区東三環北路10号

No.1 【 北京首都国際空港 】 
No.2 【 グレートウォールシェラトン 】  
No.3 【 頤和園 いわえん 】 
No.4 【 天瑞華 】 
No.5 【 明の十三陵 定陵 】
No.6 【 金殿景秦藍工厂 】
No.7 【 万里の長城 八達嶺 】
No.8 【 北京国家体育場 鳥の巣スタジアム 】
No.9 【 明翠工芸品商店 】
No.10 【 全聚徳 北京店 】
No.11 【 天壇公園 祈年殿 】
No.12 【 金宅門 】
No.13 【 天安門広場 】
No.14 【 故宮博物院 】
No.15 【 景山公園 】
No.16 【 北京動物園 】
過去の日記一覧へ 
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
posted by tomo. at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道より世界へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク