1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2011年03月06日

頤和園 いわえん - 中国 北京 - 【 番外編 2日目/3泊4日 2010年北京の旅 No.3 】

AM5:00起床。 北京ツアー2日目の始まり。
食事がAM6:00からで、出発はAM7:00。 過密スケジュールな為、かなり朝は早い。
バスが来て乗り込むと、別のホテルに泊まってた同じツアーのお客さんが既に乗車済み。
総勢20人強、世界遺産に向けて車は走ります!

北京の環状通りを走る事1時間弱…。 早速の世界遺産1ヶ所目に到着!!
記念すべき北京での初世界遺産は、「 頤和園 」!

   入口 
   岩が特徴的
 
この日は朝からあいにくの雨。 しかも結構雨脚が強かった…。
しっかりと雨具の準備をして行ったわたくしには特に関係なかったですが、問題は他の人。
結構傘持ってきてない人がいたので、ゆっくり見て回るのもしんどそうだな〜。
な〜んて思ってると、バスが止まったとたんに走り寄ってくる中国人達の群れ…。
その手にはたくさんの傘が…、ふ〜ん、売り子って事っすか!
観光客相手にしっかりやってるんですね〜。 次から次へと声をかけてくる。
うざったくて仕様がないと思ってたら他のツアー客…、あらら、買っちゃうんですね、傘。
気持ちはわかるが、さっき注意されただろ! 売り子からは物買うなって!
お釣りに出てくる中国人民元…、偽札が多いってバスの中で注意されたばっか…。
案の定交じってた様です、偽札…。 中国では結構多いみたいです。
行かれる際は、お気をつけて。


さて気を取り直して、早速観光に!

ここ頤和園が出来たのは、中国清王朝の時代との事。
清の第6代 乾隆帝の時代、1764年に洋銀480余万両の費用を費やした清漪園が完成。
これが頤和園の前身となるが、1860年 第二次アヘン戦争で英仏の軍隊により消失。
それを再建させたのが西太后。 自身の隠居後の居所にすべく莫大な費用をかけて再建。
この費用負担が日清戦争敗北の原因の一つといわれる程、国庫を圧迫したらしい。
1900年には義和団事件で再び破壊されたが、1902年に西太后により一部再度修復。
その後1953年には公園として一般開放、1998年に世界遺産として登録されたとの事。

   全景は残念ながら曇り
         本場の麒麟  

頤和園の園内は約290ヘクタールもの広大な敷地…。
もちろん全部を回れるはずもなく、園内でも有名な箇所のみで終了。
全景はこんな感じ。 手前の湖は昆明湖という人工湖で園内の 2/3 を占める。
湖には橋がかかっており島へと繋がっている。
奥に見える塔は仏香閣。 3階建の木族建築で高さは41Mとの事。

観光中に麒麟の像を発見!
キリンビールのイメージなこいつが現れて、朝にもかかわらず飲みたくなったのは不覚…。

   長廊 
         長廊 真ん中

こちらは長廊。 長さ728M、273間の回廊。 園内では最も有名な見どころの一つ。
今回のツアーでもここまで来て引き返したので、恐らくここは定番コース。
回廊に描かれている絵は中国の歴史文化を題材にしたものとなっているそうです。
流石に有名な観光コースだけあってか、人がびっしり!
ゆっくりと見る事も、その長さに驚く事も出来ず仕舞い…。ちょっとザンネン…。

この辺りにはトウモロコシを持った売り子さんがたくさんいました。
美味しそうに食べてる人を見ると腹が減ってくるけど、この後の事を考えるとここはパス。

         頤和園

滞在時間は1時間弱位。 全部見ようと思ったら、あと2〜3時間は足りない位広かった。
それでも十分に堪能。 1ヶ所目から世界遺産の素晴らしさを感じられた。
次の場所にも期待して、この場所を後にしました!


【 頤和園 いわえん 】
中国北京市海淀区



No.1 【 北京首都国際空港 】 
No.2 【 グレートウォールシェラトン 】  
No.3 【 頤和園 いわえん 】 
No.4 【 天瑞華 】 
No.5 【 明の十三陵 定陵 】
No.6 【 金殿景秦藍工厂 】
No.7 【 万里の長城 八達嶺 】
No.8 【 北京国家体育場 鳥の巣スタジアム 】
No.9 【 明翠工芸品商店 】
No.10 【 全聚徳 北京店 】
No.11 【 天壇公園 祈年殿 】
No.12 【 金宅門 】
No.13 【 天安門広場 】
No.14 【 故宮博物院 】
No.15 【 景山公園 】
No.16 【 北京動物園 】
過去の日記一覧へ 
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
posted by tomo. at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道より世界へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク