1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2011年08月29日

サラキ岬 - 上磯郡木古内町 - 【 2011年 道南ドライブの旅 Days2 No.9/12 】

不動滝公園を出て、函館方面へ再度進行!
ちょっと寄り道をしたのが、途中にある道の駅。

   顔出し 
   焼きガキ 
   横綱記念館
 
道の駅 「 横綱の里 ふくしま 」 にて休憩。
福島町は、第41代横綱 千代の山、第58代横綱 千代の富士が生まれた事で有名。
道の駅横には、横綱記念館が設立されております!
…んが、しかし! 時間の関係上今回はパス! …どうせなら入りたかった〜。。。

代わりに道の駅をふら〜っとしてきました!
ちょっと気持ち悪いイカの顔出し看板がやけに印象に残ったこちら。
牡蠣を焼いていたのでちょっと覗いてみました!
すると、通常1個200円が半額の100円! 勢いで2つ購入!
焼き立ての牡蠣の汁で火傷こそしましたが、メチャクチャ旨い!
思わぬ収穫を得て、この場を後にしました!
【 道の駅 横綱の里 ふくしま 】
松前郡福島字福島143番地1
TEL : 0139(47)4072

【 横綱記念館 】
松前郡福島町字福島190番地
TEL : 0139(47)4527
 
そして再度函館方面へ車を走らせると、途中で何かやってるのを発見!
出店が出てる様な雰囲気に誘われ、ちょっと寄ってみよう! と迷う事なく車を停める。

   サラキ岬 
   海臨丸終焉の地 
   岬からの風景 
 
こちらは、「 サラキ岬 」 。 咸臨丸終焉の地。
咸臨丸とは、幕末期に江戸幕府が保有していた軍艦。
日米修好通商条約批准の際に、幕府の船として始めて太平洋を渡った船である。
スクリューを装備した初の軍艦で、勝海舟や福沢諭吉、ジョン万次郎が乗船した経緯も。
1871年に仙台藩伊達家の家老、片倉小十郎の家臣401名を移住させる為、出航。
その途中に暴風雨にあい、サラキ岬沖で沈没した。

岬の先端には咸臨丸に掲げる詩が書いてありました!
そしてサラキ岬から見た風景が下の写真。
遠浅なのか、海底がチラホラと見える。 正直キレイ!って訳ではなかったです。

   咸臨丸
 
そしてこちらには、その咸臨丸のレプリカが置いてあります!
サラキ岬の中央に設置されているため、国道からでも確認可能!
その傍には、乗組員の氏名が書いた看板があります。

   ドアップ 
   キレイ

そして出店の正体はこちら! チューリップ祭り開催中!
4月下旬〜5月中旬の土日・祝日にチューリップ祭りが開催されるとの事!
2001年に町にチューリップの球根が寄贈された事より、整備を開始。
住民が主導となって花壇の設置などを行い、約5万球のチューリップが咲く名所に!
特産品の販売や出店なんかが並び、凄く賑わってました!

何か食べて行きたかったけど、さっき牡蠣食べたばかりだしな〜。
朝食はおもっきりイカ食べたし、まだ他に食べたいものあるしな〜と思い断念。
そんなにお腹に余裕が無かったのです。。。

そんな訳でチューリップの満喫だけ思いっきりして、次の場所に向かいます!


【 サラキ岬 】
上磯郡木古内町字亀川
TEL : 01392(2)3131 (産業経済課水産商工グループ)



Days1へ
No.1 【 函館朝市 栄屋食堂よさこい - 函館市若松町 - 】
No.2 【 白神岬 - 松前郡松前町 - 】
No.3 【 松前公園 - 松前郡松前町 - 】
No.4 【 松前藩主松前家墓所 - 松前郡松前町 - 】
No.5 【 光善寺 - 松前郡松前町 - 】
No.6 【 松前城 - 松前郡松前町 - 】
No.7 【 松前藩屋敷 - 松前郡松前町 - 】
No.8 【 不動滝公園・吉岡不動の滝 - 松前郡福島町 - 】
No.9 【 サラキ岬 - 上磯郡木古内町 - 】
No.10 【 トラピスト修道院 - 北斗市三ッ石 - 】
No.11 【 鈴木牧場牛乳 - 北斗市向野 - 】
No.12 【 法亀寺 しだれ桜 - 北斗市向野 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク