1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2012年01月03日

北京動物園 - 中国 北京市 - 【 番外編 3日目/3泊4日 2010年北京の旅 No.16 】

天壇・天安門広場からの故宮。 この日も内容の濃い一日!
それでも時間は過ぎて行くものでツアーの終わりまではあと少し…。
次に行くのは 「 北京動物園 」 ! もちろん目的はあいつ、パンダ!!
そしてここがこの旅最後の本格的観光スポット。 終わりと思うと少し寂しい。
けど大の動物好きなわたくし、実はかなり楽しみで到着前からかなりワクワク…。

         北京動物園 
   大熊猫でパンダです

パンダと名がつくものには、ジャイアントパンダとレッサーパンダがある。
元々パンダはレッサーパンダを指す言葉。それが変化したのはジャイアントパンダの発見後。
小さい方のパンダとの事でレッサーパンダと呼ばれる様になったみたいです。
ちなみにパンダの由来とは、ネパール語で竹を意味する「ボンヤ」からとの事。
また同じくネパール語で手のひらを意味する「パンジャ」からとの説もある。

中国語ではジャイアントパンダの表記は 「大熊猫」 。 ありました、大熊猫館!
この旅では大熊猫館しか見れませんでしたが、園内にはその他たくさんの動物が!
その数何と、600種・7,000頭以上との事!面積は50万uでアジア最大の動物園!
時間がたくさんあるならば一日かけて全部見て回りたかった〜!

   大熊猫館内部 
   パンダ 
   パンダ 
   パンダ 
   のほほん 
   クジャク 
         トキ 
   置物 

いた! パンダ! ホントにお前はクマに近いのか?と思いたくなるほどの可愛さ!
何て言うか仕草何でしょうね〜、動きがいちいち可愛い!館内はパンダのみの展示。
時間内にガラスの前まではザンネンながら来てくれませんでした。 でもそれでも十分満喫!
建物の外にもパンダがいました!駄目だわ、奴らホントに可愛すぎ。 

大熊猫館には他に、クジャク・レッサーパンダ・そしてトキが展示されてました!
クジャクは丁度求愛中! 終始羽を広げた姿で釘付けとなってしまいました!
動物園好きでちょこちょこいってはいるのですが、羽広げてるのを見たのは小学生以来!
ここでもまたテンション上がる! そしてトキ! あの絶滅危惧種の。
動物園で普通に展示されてるんですね〜。 しかしあんまりサービスは良くありません。
最後までトキのお顔を拝見する事は出来ずじまい。 せっかく会えたのにザンネン…。


【 北京動物園 】 
北京市西城区西直門外


大きな地図で見る

No.1 【 北京首都国際空港 】 
No.2 【 グレートウォールシェラトン 】  
No.3 【 頤和園 いわえん 】 
No.4 【 天瑞華 】 
No.5 【 明の十三陵 定陵 】
No.6 【 金殿景秦藍工厂 】
No.7 【 万里の長城 八達嶺 】
No.8 【 北京国家体育場 鳥の巣スタジアム 】
No.9 【 明翠工芸品商店 】
No.10 【 全聚徳 北京店 】
No.11 【 天壇公園 祈年殿 】
No.12 【 金宅門 】
No.13 【 天安門広場 】
No.14 【 故宮博物院 】
No.15 【 景山公園 】
No.16 【 北京動物園 】
過去の日記一覧へ 
最新の日記へ 
 
posted by tomo. at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道より世界へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク