1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2012年02月06日

中華食堂 桂苑 - 小樽市稲穂 -

先日 イベント 小樽雪あかりの路 へ行ってきましたが、実はついで。
急にあんかけ焼きそばが食べたくなったのが、小樽に行った本当の目的。

小樽ではあんかけ焼きそばの歴史は古く、その発祥は昭和32年9月まで遡ります。
昭和12年に「割烹 梅月」をオープンした小樽中央ホテルの中華料理長 近藤氏。
その近藤氏が小樽静屋通りに「中華料理 梅月」を移転オープンさせた。
移転当時からのメニューの一つだったのが、五目あんかけ焼きそば。
小樽の中心部で買い物をした後に、梅月の焼きそばを食べて帰る。
当時これが大流行となり、あんかけ焼きそばを取り入れる店が増えたとの事です。

小樽あんかけ焼きそばの定義。
小樽市内、または近隣の飲食店にて提供されている海産物の多い五目あんかけ焼きそば。
海産物? 一般的なエビ・イカ位しか入ってたのは思い出せませんがね〜。。。

   桂苑 
   メニュー1 
   メニュー2
         席

小樽市内でたくさんあるあんかけ焼きそば提供店。
そんな中で今回訪れたのは、小樽都通りにあります 「 中華食堂 桂苑 」 さん!
地元が小樽なわたくしも本当に来るのが久しぶり!遠い記憶の中でしか覚えてません!
しかし想い出の中のわたくしは、ここであんかけ焼きそばを食べた記憶が…。
それだけ小樽の人はあんかけ焼きそばに親しんでます。
ラーメン屋でラーメン食べた記憶がほとんどない位ですから…。

ちなみに今小樽ではあんかけ焼きそばをプッシュする動きが加速しております!
その名も 小樽AKYプロジェクト! A(あん) K(かけ) Y(焼きそば) の頭文字。
小樽あんかけ焼きそばPR委員会の主導で行っております!
その企画なのか、あんかけ焼きそばの小樽の名物の座をかけた戦いが始まってます!
期間は第14回小樽雪あかりの路の期間中。 相手は小樽名物 寿司!
期間中にどっちが多くの客の票を集めれるか、全てはお客さん次第との事。
そんな記事をたまたま見てしまったもの、急に食べたくなったのです!

    あんかけ焼きそば

もちろん注文したのは、あんかけ焼きそば 750円! 注文から7〜8分で登場!
入店したのが4時過ぎで、10人位のお客さんがいましたので、結構出てくるの早い!
それにしてもこの時間でこんなに人が入ってるなんて意外に賑わってるな〜。

さて肝心の焼きそば。麺の量は多くはないけど、焦げ目がしっかりついていて香ばしい。
具材は、エビ・豚肉・玉ねぎ・筍・モヤシ・きくらげ・人参・ピーマン・白菜など。
具材の火加減が丁度良く、シャキシャキした食感が良い!
あんは固めで量はたっぷり! 個人的には豚肉が多めだったのが嬉しかった!
甘みを残した濃い目の味付けでした。 薄味派には少ししょっぱかったのでお酢で調整。
一緒についてくる中華スープもお口直しに丁度良く、最後まで美味しくいただきました!


【 中華食堂 桂苑 】
小樽市稲穂2‐16‐14
TEL : 0134‐23‐8155
営業時間 : AM11:00〜PM9:00
定休日 : 毎週木曜日
席数 : 33席


大きな地図で見る

過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク