1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2012年02月17日

登別地獄谷 大湯沼 ‐ 登別市登別温泉町 ‐ 【 2011年10月 紅葉ドライブ Days3 2/8 】

地獄谷駐車場に停めていた車を、更に山の方向へ向けて車を走らせます!
向かうは 「 登別地獄谷 大湯沼 」 ! 地獄谷から車で約5分程度。
地獄谷の駐車場は料金400円。 ここで1回支払えば大湯沼駐車場と併用できます!
との事で折角なので行ってみました!

   大湯沼 
   大湯沼

大湯沼へは車でも行けますが、地獄谷より散策路も設けられてます。
わたくしは歩いた事がありませんが、その所要時間は片道約20分程度との事。

大湯沼は周囲約1km、深さ約22m、とても大きなひょうたん型のお湯の沼。
水面の温度は40℃〜50℃、深い所では130℃にもなるそう…。
これほど大規模な湯の沼は大変珍しく、学術的にも貴重だそうですよ!

   奥の湯 
   奥の湯

駐車場を挟んで反対側には 「 奥の湯 」 ! こちらは直径約30m。
こちらも大湯沼程の大きさではないですが、なかなかの見ごたえでした!

   散策路 
   大正地獄 
     大正地獄
   
若干車を走らせ大湯沼の端っこの方まで戻ってみると、散策路の入口。
こちらにあるのが 「 大正地獄 」 。 大正時代の小爆発にて出来た湯沼。
間欠泉であり、お湯の色が変化する様子が見られるんだそう。
湯の中に溶けた物質の結晶が育つ段階の変化で、青やピンクや黒の時もあるのだとか…。
今回は吹き出す様子は確認できず。 時間の関係もありましたし更に奥へ進みます!

   足湯 
    足湯 
   温泉の川

大正地獄から更に奥に若干進むと見えてくるのが 「 天然足湯 」
大湯沼から流れ出たお湯が川となって流れ出ています!
天然なのでお湯の温度が不定…。 時折熱くなる事もあるそうなのでお気をつけて下さい。
川の底が所々緑色に。 硫黄の成分なんでしょか?
でも川が緑だったり、川から湯気が上がってたり、雰囲気は最高でした!

   大湯沼反対側 
   大湯沼反対側

こちらは大湯沼から湯が流れてる所。 ここから足湯の方へとお湯が続いていってます!

   日和山展望台 
   からの景色
   展望台の更に上から!

大湯沼から更に上へ進むと、「 日和山展望台 」 ! こちらからは大湯沼を一望できます!
紅葉も上からだと皿に綺麗! 来て良かったな〜!!
しかし、日和山展望台からの写真は3枚の内の上2枚。
3枚目の写真は日和山展望台から更に進んだ道路沿いからの写真。
日和山展望台からは木々が若干邪魔して沼全体が見渡せない…。
ここの方が一番見晴らしが良くて綺麗だった! 行かれる際は是非お試しあれ!


【 登別 地獄谷 】
登別市登別温泉町無番地
TEL : 0143-84‐3311 (登別観光協会)
休館日 : なし (遊歩道は冬季閉鎖)


大きな地図で見る

No.1 【 登別地獄谷 - 登別市登別温泉町 - 】
No.2 【 登別地獄谷 大湯沼 ‐ 登別市登別温泉町 ‐ 】
No.3 【 倶多楽(クッタラ)湖 - 白老郡白老町 - 】
No.4 【 泉源公園 - 登別市登別温泉町 - 】
No.5 【 きのこ王国 大滝本店 - 伊達市大滝区三階滝町 - 】
No.6 【 三階滝公園 - 伊達市大滝区三階滝町 - 】
No.7 【 トーテムポールの丘 - 伊達市大滝区三階滝町 - 】
No.8 【 ウトナイ湖 - 苫小牧市植苗 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク