1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2012年06月02日

冬島の穴岩 - 様似郡様似町 - 【 2012/4/29 襟裳ドライブ Vol.6/8 】

現在時刻は14:00過ぎ。 行きにかかった時間は4時間半程度。

そろそろ戻りつつ観光して行かないと、札幌到着が夜中になってしまう…。

って事で、えりも町を出発! 国道を苫小牧方面へ向います!


えりもの隣の様似町に到着! 国道沿いを走っていると看板発見!

なになに…、「 冬島の穴岩 」 ? アポイ岳ジオパークって何だ?

後で調べた所、科学的に重要な又は景観として美しい地形や地層を持つ自然公園の事。

ヨーロッパで誕生したユネスコ支援の運動で世界ジオパークネットワークが設立されている。

その国内版、日本ジオパーク委員会の認定を受けているのがアポイ岳ジオパーク。

様似町は世界でも類を見ない新鮮で多彩なかんらん岩からなる山々や渓谷があるそう。

また固有の高山植物群落や、海岸には奇岩など特殊な地形も見られます。


さて、ジオパークの事は分かった。 でも看板にある穴岩は何処…。

辺りをキョロキョロと見渡すと、漁港の方に岩場が見える。

あっ、あの辺かな〜。 半信半疑で漁港の方へ向ってみました。


   岩のまん前には船 

   穴岩


漁港の目の前の岩。 よ〜く見ると真ん中に穴が空いています!

穴岩ってこれか! 国道側からだと丁度穴が陰になって若干見づらい。

看板がなければきっと見落としてましたわ…。


アイヌ語で 「プユ(穴)、シュマ(岩)」。和人がフユシマと言った為、地名は冬島に。

浸食により出来た穴で、穴の高さはおよそ3m弱位だったかな?

しかし昭和23年の築港以前は9m以上もあり、満潮時には磯船が往来していたとか。


   看板 

            穴岩


近づいてみた。 そしてお決まりのトンネル潜り!

がっしりしていて直ぐに崩れないとは分かっていても、慎重派なわたくし、ドキドキします。

こちらでは堆積岩の特徴である細かな層の積み重ねが見られます。

地下で高温にさらされた為に黒雲母が確認でき、ホムンフェルスという変成岩になってます。


ぐるっと1周し一通り写真を撮り終わった所で次へ向います!

時間も時間…、若干日も傾いてきた。 残り時間はあとわずか…。





住所 : 様似郡様似町冬島漁港

TEL : 0146-36-2120 (様似町役場商工観光課) 
















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク