1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2012年08月27日

神仙沼 - 岩内郡共和町 - 【 2012年6月12日 羊蹄周辺ドライブ Vol.5/9 】

京極〜真狩〜ニセコと進路を定めてきた今回のドライブ。
道道66号線を走らせ、前回ご紹介したニセコ大湯沼を満喫!
お次の目的地へ向う為、再度道道66号線を北上!

すると見えてきたのがチセヌプリ峠。
チセヌプリとはアイヌ語で「チセ(アイヌの伝統家屋)の形をした山」の意。
蘭越町と共和町にまたがる標高1134.2mの休火山。
ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある山です。

このチセヌプリ峠を越える為、山頂に向って車を走らす。
すると山頂付近で見えてきた残雪。6月でも結構積もってた。
物珍しさに車を停め記念撮影をした後、最度進んで山頂付近を通過。
すると見えてきたのが今回の目的地、「 神仙沼 」

   駐車場から入口

駐車場に車を停め、道路反対側に神仙沼への入口。
ここから神仙沼へは1km弱、およそ15分、散策路を進まなくてはいけません。
駐車場横には売店・トイレがありますので、トイレ&給水しておいた方がいいかも?

  DSC01541.jpg DSC01543.jpg   
   散策路

神仙沼までの道のりはそこそこ長いですが、歩道は整備されていて歩きやすい。
特に急な坂がある訳でもなく、距離が苦でなければ散歩にもピッタリ。
しかし唯一道の両脇から生えてきている草や松の木は邪魔でした…。

   湖沼群 
   湖沼群

しばらく歩くと視界が開け、目の前には湿地帯が登場!
これだけでも結構いい景色! 標高760mにあるこちらには高山植物も見られます!
お目当ての神仙沼はここからもうちょい先。 あと少し。 進んで行きます!
 
   神仙沼 
   神仙沼 
   神仙沼

散策路が行きつくのは、赤エゾマツに囲まれた一帯。
こちらがニセコ山系の中で最も美しいとされ、こちらの湿原で最も大きい「神仙沼」!
ベンチには家族連れがお弁当広げてのんびりやってました!

   現地看板 
   湖底 
   湖面

神仙沼は、ボーイスカウトの生みの親 下田豊松氏一行が昭和3年10月に発見したもの。
湖面に映った赤エゾマツ、岸辺の水草等は作りだす景観に、一行が思い描いたもの。
「皆が神、仙人の住みたまう所」との印象を受けた事から、豊松氏が命名したそうです。

この日は若干風が吹いており、湖面には若干波が立ってました。
赤エゾマツが綺麗に映ってはいましたが、波のせいで歪んでみえたのが残念…。
無風だと持っと綺麗に映ったんだろうな〜。 紅葉時期には更に綺麗になりそうな感じ!

しばらく沼を眺めていると、そこそこ人も増えてきた。
展望デッキもあまり広くないし、帰りの徒歩も時間がかかる事を考えると長居はできず。
最終目的地倶知安を目指し、そこそこに楽しんでお次へ向ったのでした!



【 神仙沼 】
住所 : 岩内郡共和町前田後志森林管理署 
TEL : 0135-73-2011 (共和町産業課商工観光係)


大きな地図で見る

Vol.1 【 ふきだし公園 A - 虻田郡京極町 - 】
Vol.2 【 細川たかしを讃える碑 - 虻田郡真狩村 - 】
Vol.3 【 さかもと公園 甘露水 - 虻田郡ニセコ町 - 】
Vol.4 【 ニセコ大湯沼 - 磯谷郡蘭越町 - 】
Vol.5 【 神仙沼 - 岩内郡共和町 - 】
Vol.6 【 神仙沼自然休養林展望台 - 岩内郡共和町 - 】
Vol.7 【 旭ヶ丘総合公園 - 虻田郡倶知安町 - 】
Vol.8 【 三島さん家の芝ざくら - 虻田郡倶知安町 - 】
Vol.9 【 きのこ王国 大滝本店 - 伊達市大滝区三階滝町 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

posted by tomo. at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の滝・河川・湖沼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク