1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2013年02月03日

カラバトカリー - 札幌市南区 -

とある日の休日。 連日の激務で体が言うことを聞かない。
布団から出て行動し始めたのは、お昼もすぎた3時ころ。
その間ずっと布団の中でゴロゴロしてたものだからお腹が空いてきた。
ご飯食べたら後は一日何もせず終わるな〜、このペース間違いなく。
それなら折角だから美味しいもの食べよ! 悩んだ挙句、この日もカレー。

   店前

こちらは札幌市南区にある 「 カラバトカリー 」
店舗前の看板。定山渓方面へ行く際にいっつも気になってたお店。
看板には 「果ての果てまで行ってみないか これが現地の味」 との表記。
どうやらパキスタンカレーの専門店らしい。
パキスタンのある地方で作られているカレーを忠実に再現したものだそう。
わたくしが食べるカレーと言えば、インドカレー、欧風カレー、スープカレーがほとんど。
初体験のパキスタンカレー。 さてどんなものなのか。

スポンサーリンク



お店の場所ですが、国道230号線を札幌中心部から定山渓方面へ。
途中通過する南区藤野から簾舞に差し掛かる手前の坂道付近にお店はあります。
駐車場は店舗左手側に5台分。4:00頃行きましたが既に4台埋まってました。

   カラバトカリー 

   カラバトカリー

店に入って席に着くもメニュー表がない。それもそのはずメニューは1種類のみ。
店内右側壁に大きく飾ってあるメニュー表。パキスタンカリーセットとしか書いてない。
金額は780円。中盛り+100円、大盛り+200円。サラダにチャイもつくとの事。
お水を持って来てくれた店員さんからは、「量はいかがなさいますか」とのご質問。
1種類しかないから聞くことはこれだけなんだろうな。折角だから中盛りで注文。

出てきたカレーはわたくしの知識の中のカレーとは似ても似つかないもの。
カレーよりは煮込みじゃね? すっかりインドカレー的なものを想像してた自分。
それもそのはず。 水を使わずトマトと玉ねぎの水分だけで煮込んだカレー。
知識の中のカレーとは一線を引くもの。煮込み時間は5〜6時間との事。
中の具材は鶏肉。ホロホロと崩れる位に煮込まれてました。
一口食べるとスパイスの風味が広がるが、すっごく辛いってわけではない。
ちょっと油でギトギトしてるけど、これがまた合うんだろな。食が進む。

中盛りでかなりのボリューム。同じ味がずっとだとお口直しがしたくなる。
そんな時には付け合せのサラダ。ちょっと浅漬けっぽいお漬物の様なサラダ。
お口直しには丁度良い味。更にカレーが進みます!

         食後のチャイ

食後には温かなチャイが登場。チャイとはインド式のミルクティーの事。
ミルクと砂糖で甘−くした紅茶。こちらででてきたチャイもしっかり甘い。
スパイシーなものを食べた後のお口直しには最適!
食後の甘味は満腹感も高めてくれますしお腹一杯!
初めてのパキスタンカレーでしたが、とても美味しくいただくことが出来ました!



【 カラバトカリー 】
住所 : 札幌市南区藤野2-12-6-1
TEL : 011-596-1117
営業時間 : AM11:30〜PM9:00
定休日 : 水曜日、第1日曜日
席数 : 22席
駐車場 : 有(店舗横4〜5台)

大きな地図で見る
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク