1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2013年04月10日

浮見堂公園 - 虻田郡洞爺湖町洞爺町 - 【 2012年7月洞爺湖ドライブ Vol.3/7 】

とうや・水の駅にて本日のルートを決定!
時計周りで洞爺湖1週して帰ってこよっと!
その前に気になる所が。 水の駅より反時計周りにちょっとだけ進みます。

   浮見堂公園 

   浮見堂公園

見えてきた洞爺湖畔のキャンプ場。 洞爺湖畔にはたくさんのキャンプ場があります。
荷物運搬の関係上、目の前が駐車場のこちらは利便が良いのか たくさんの車が。
何とか1台分の駐車場を見つけ、キャンプ場の奥にある公園に向かいます!

   公園 

スポンサーリンク

   公園 

   アーチ

こちらの公園は 「 浮見堂公園 」 ! 洞爺湖八景の一つ!
以前、 財田キャンプ場の日記でもご紹介しましたが、洞爺湖八景は以下の場所との事。
 ・洞爺湖温泉  ・壮瞥温泉 ・滝之上キャンプ場 ・仲洞爺キャンプ場
 ・財田湖畔  ・浮見堂 ・月浦展望台 ・中島

奥の塔が浮見堂。 聖徳太子像を祀るために建立された建物。発端は以下の通り。

大正の始めころ、北国行脚の旅僧が洞爺市街の松橋某亭に逗留。その際「私は聖徳太子の像を肌身離さず持っているが、昨夜その像が夢枕に立って、私はこの土地が大変気に入ったのでここを住み家にしたいと思う。私を大事に祀ってくれたら、この土地は必ず産業が発達して豊かな村になるだろうと言われたので、この像をあなたにお渡ししたい。」と言い残し去りました。その後松橋某は移転し、太子像は長い間法昭寺に祀ってありましが、住民一同の発願によって昭和12年浮見堂を建立安置され、今日に至っています。

   徒歩で 

         近づく 

   浮見堂

浮見堂へは徒歩での移動が可能! 早速向かいます!
浮見堂は平成15年に一度落雷により焼失。 現在の浮見堂はその後復元されたもの。
現地看板にも同様の記載がありました!

   浮見堂 

   浮見堂 

        中

こちらが浮見堂の中。 聖徳太子像も飾られてました!写真を撮る際にも、この塔があるだけでも風景が映えます! しかしこの日は一眼レフを忘れてしまった為、性能の悪いデジカメのみ…。天気も悪くなかったし、もったいない事をした。 まあ仕方がない…。せめて時間は効率よく。 早速次へ向かいます!



住所 : 虻田郡洞爺湖町洞爺町
TEL : 0142-82-5111 (洞爺湖町役場洞爺総合支所)
駐車場 : 約60台


この記事へのコメント
TITLE: Travel.jpの飯田と申します。記事寄稿のお願いについて
SECRET: 1
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
初めてご連絡させて頂きます。
株式会社ベンチャーリパブリックの飯田と申します。

今回は、弊社が昨年秋より運営するサイトTravel.jp[たびねす]への
記事寄稿のお願いでご連絡させて頂きました。
http://guide.travel.co.jp/

Travel.jpは月間350万人以上が利用する旅行情報サイトです。
今回ご案内するTravel.jp[たびねす]は、
ライターやブロガー、写真家、旅行業界経験者などが「旅行ナビゲーター」として
様々な地域や観光の知識・経験を基にガイドを執筆する
旅行のガイドコンテンツとして昨秋にスタート致しました。

写真が大きく表示されるのも特長でして、
既存のクチコミサイトとも違う、信頼できる様々な「旅行ナビゲーター」が
「写真」と「文章」でユーザーに旅行を「喚起」すること。
これがサイトのコンセプトとなっております。
ですので、記事も「旅行記」や「クチコミ」とは異なり、
「詳しい専門家によるおすすめの観光案内(=旅行ガイド)」といった形となります。

今回HPとブログを拝見いたしまして、北海道に関する観光情報と美しい写真が、弊社サイトのコンセプトとも近しく感じました。
ぜひ、「観光の専門家」という立場で旅行ナビゲーターとして、
ガイド記事を制作頂けないかと今回ご連絡させて頂いた次第です。

もしご興味あるようでしたら、詳しくご説明させて頂きたいと存じます。
ぜひ、ご一緒にお仕事させて頂けないでしょうか。お返事頂戴できれば幸いです。

突然のメールで恐縮ですが、
何卒、宜しくお願い致します。


株式会社ベンチャーリパブリック
トラベル事業部 プロダクトデータグループ
飯田 杏子 

〒106-0031
東京都港区西麻布4-3-11 泉西麻布ビル
TEL 03-6419-2903
FAX 03-6419-2904
-----------------------------------------
本メールが誤って送信された場合には、
誠に申し訳ございませんが、送信者までご連絡頂き、
本メールを複製、転送等なさらず削除して頂きたく
お願い申し上げます。
Posted by 潟xンチャーリパブリック 飯田 at 2013年07月11日 14:11
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク