1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2016年02月18日

行列必死!大通の有名担々麺屋さん!【175°DENO〜担々麺〜本店】-札幌市中央区-

大通公園で行われていたさっぽろ雪まつり。大小様々な雪像が並び、その客層はワールドワイド!今年は延べ200万人弱と大盛況だった模様。そんな雪まつりも地元の人ってあまり行かなかったりするんですよね。一番の理由は寒いから…。毎年見れるものなので真新しさがないのに加え、寒いの我慢してまで行くか!って感じで。

けれど地元民の雪まつりも、プロジェクションマッピングの導入の頃よりかなり変わりました。映像を身に足を運ぶ様になった人が回りに結構いるんです。私もそんな一人。この日、寒いのを我慢して雪まつり会場に三時間、外にいると体は芯から冷えました…。

IMG_20160205_203918.jpg

IMG_20160205_203932.jpg

そんな時は温かい食べ物でも食べて帰ろう!むかったのは大通公園から直ぐの担々麺屋さん【175°DENO〜担々麺〜】(ひゃくななじゅうごどでの たんたんめん)さん!普通にラーメン食べようと思ったけど、担々麺の方がより体が温まるだろうと思ってです。夜なら空いてるかもという期待も込めてですが。



スポンサーリンク



IMG_20160205_203958.jpg

IMG_20160205_204021.jpg

大通公園より南に進み、大通西6丁目と南1条の間の仲通りのビルの1階。エントランスを入った1階の奥に券売機が見えます。こちらがお店。訪問時は既に夜の8時過ぎ。ラストが9時までなので、流石に行列は出来てませんでした。早速券売機にてメニューを確認。

IMG_20160205_204045.jpg

こちらの担々麺の選び方ですが、「汁なし」か「汁あり」かを選びます。それぞれ花椒とラー油の分量により、「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の3種類があります。人気と噂の高い汁なし担々麺とドクロのマークが気になるところでしたが、寒い体には汁あり担々麺がベストと思い、「汁あり担々麺 シビれる」を選びました!

IMG_20160205_204808.jpg

IMG_20160205_204840.jpg

店内はカウンター7席と、テーブル席2×1卓、4×1卓とほどほどの広さ。混雑時は確かに混みそうなキャパ。訪問時にはカウンター席は満席、テーブル席の最後の一つに滑り込むことが出来ました。

10分程で出てきた担々麺。胡麻の風味がしっかりとした味噌ベースのスープと、ラー油の辛さ、しっかりとした花椒のシビれが非常に良く合います!一口・二口目は、ん?、痺れる?って思ってたら、後からピリピリが追っかけてきました。ラー油の辛さも程よく花椒と合います。麺はストレートな中太麺で、これもまたスープに合う麺です。具材にはカシューナッツ・小エビ・ひき肉と、それぞれがプラスに作用!担々麺に限定すると、今まででかなり美味しい部類です!

ここまた来たいな〜と思いました!次は絶対、汁なし担々麺をオーダーします!
札幌駅北口にも2号店があるみたいなので、近い方は是非そちらへどうぞ!



住所 : 札幌市中央区南1条西6丁目6−20
電話 : 011-777-1177
営業 : 11:30〜15:00・17:30〜21:00(平日)、11:30〜16:00(土曜、祝日)
定休 : 日曜日


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。