1. 現役北海道民がお送りする 北海道穴場観光&ドライブ

2016年03月16日

軽食&喫茶 停車場 -網走市北浜-【真冬の道東ドライブNo.4/9】

No.1/9 : 流氷観光船おーろら : 網走市
No.2/9 : 流氷硝子館 : 網走市 No.7/9 : 菓子處大丸 : 北見市
No.3/9 : 鱒浦海岸の巨大ニポポ : 網走市 No.8/9 : 層雲峡温泉氷爆まつり : 上川町
No.4/9 : 軽食&喫茶 停車場 : 網走市 No.9/9 : らぁめん道 あさひ食堂 : 上川町
No.5/9 : 網走市立郷土博物館 : 網走市 

札幌から網走に着。流氷を見つつプラプラしていると既にお昼。そろそろご飯にしよ~!でもここは網走の町中から外れた斜里町へ向かう途中。どこかいい場所ないかな~って車を走らせてました。

IMG_20160227_113121.jpg

すると見えてきたのがJR北浜駅。流氷展望台が併設されているこちらの駅は無人駅。そういえばテレビか何かで見たことあるな~、ここ。北海道ローカル番組等で道東の特集を見ていると時折でてくる印象のこちら。記憶では無人の駅舎を利用した飲食店が取り上げられていました。ちょっと寄ってみようかな~、って事で本日の食事はこちら【 軽食&喫茶 停車場 】さんにて!



スポンサーリンク



IMG_20160227_113205.jpg

IMG_20160227_113210.jpg

駅舎の中には名刺やカード類が壁一面に貼られています。こういうのを見ているだけでも楽しい!

駅舎のベンチには、訪問時5人位の人が。既に待ちの列が出来ているのかな?とちょっとビクビクしましたが、どうやら違う様。後でわかりましたがどうやら列車を待っていたみたいでした。乗降車する観光客の方は流氷目掛けた観光かな?その他いわゆる取り鉄の方もたくさん見かけました!

IMG_20160227_113537~2.jpg

お店の中はテーブル席が4席とカウンター席。わたしが訪問時はギリギリ待たずに入れましたが、その後に2〜3組位が立て続けにご来店。帰り際には順番待ちの列が出来てました。流石流氷観光真っ最中の網走。観光客も選択肢は多くないでしょうし混雑するのもわかります。

お水を持ってきてくれたのは、職人気質っぽい(勝手に思っただけ)シェフ。気軽に話しかけるにはちょっと躊躇してしまいそうですが、決して対応が悪いとか嫌な感じはありません。他、女性スタッフがお二人いましたが、こちらの方々は愛想がなくムスッとした感じ。忙しかったみたいだし、たまたま?

さて注文ですが、初めての店では鉄板メニューかご当地ものを選ぶ事の多いわたくし。網走にきたことだし何かご当地ものは…と。ハンバーグ等では網走感がないし、ここは一番雰囲気出てそうな【オホーツクラーメン 1,200円】で!

IMG_20160227_114355.jpg 

IMG_20160227_114445.jpg

塩味がベースのオホーツクラーメンにはカニ、ホタテ、イクラ、シャケが乗っかっており、あっさり・サッパリのスープにダシが溶け込んでます!程よく油が浮き、麺に絡みます!ホタテとシャケは豪快にかぶりつく事ができる食べごたえ!いくらは真っ先に器の底に沈んで行きましたが、レンゲでしっかりいただきました。カニはほじって食べる為、手拭き用のタオルが一緒についてきましたので、豪快に素手でいただきました!

IMG_20160227_114157.jpg

表の看板にも記載のあったホタテカレーは器の大きさも目を引くところではありましたが、カレーの中のホタテの数には更にビックリ!カレールーは普通な感じのどこかで食べた様なお味でしたが、ホタテの貝柱がここまで入ったカレーは見たことないし、これだけでも食べごたえがあります!これで950円なら試す価値ありかと。

またこちら停車場さんは、夜にコース料理をいただく事も可能だとか。5,000円からだそうですが、このロケーションでコースをいただけるとは結構意外!一度試してみたいものです。



住所 : 網走市北浜無番地 北浜駅
電話 : 0152-46-2410
営業 : 11:00~20:00
定休 : 火曜日
駐車場 : 有り


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。