2012年01月11日

豊平峡ダム - 札幌市南区 - 【 2011年10月 紅葉ドライブ Days1 6/6 】

千丈岩・九段の滝を堪能! さてお次は豊平峡ダムへ向かいます!
冷水トンネルを出て千丈岩・九段の滝を過ぎ、その先には豊平峡トンネル。
このトンネルを抜けた所にありますのが、「 豊平峡ダム 」
豊平峡トンネルは冷水トンネルより距離が短く、5分強で到着!

    豊平峡ダム 
   千丈岩 
   ダム湖

豊平峡ダムは石狩川水系豊平川上流に建設されたアーチ式コンクリートダム。
高さ102,5m、総貯水容量47,100,000㎥。 支笏洞爺国立公園内に位置する。
1965年に着工し、7年後の1972に完成。 目的は以下の通り。
  1、豊平川および石狩川下流の洪水調節
  2、札幌市への1日辺り最大52万㎥の上水道供給
  3、北海道電力豊平峡発電所による認可出力50,000KWの水力発電
上水道に関しては札幌市の98%を供給する重要な水源となっています!

2005年には 「ダム湖百選」 にも選ばれ、林野庁の 「 水源の森百選 」 にも選ばれたそう!
電気バスが走っている事は以前の記事でもご紹介しておりますが、これも自然を守る為。
支笏洞爺国立公園内に位置する為か、車の乗り入れは通年禁止となってます。
ちなみに電気バスの運賃は、大人片道300円、往復600円。
しかし、前述の千丈岩・九段の滝を見る為に歩いて訪れる人も多いとの事。
実際わたくしも歩きましたし、カップル・家族連れ何かでも歩いてる人はたくさんいました。
ちなみにダム湖の名称は 「定山湖」 と呼ばれているそうです!

   放水 
    堤体
   アングルok

毎年4月から10月の観光シーズンには観光放水を実施!このダムでの見どころです!
勢いよく吹きでる水はなかなかの迫力!だけど上から覗く形なので結構ビクビクです。

さて肝心の紅葉。 部分的に彩りが鮮やかな場所があり、この日で一番この場所が綺麗!
結構見ごたえありました!また、夕方のこの時間でもまだ結構人がいるんだと実感。
自分より後に来てる人もチラホラで、シーズンは時間なんて関係ないなと思いました。

ダム湖の奥の方には資料館 「ひふみみはなめ」。 何だか変な名前。
由来はそのまま「皮膚耳鼻目」を読んだだけ。 体の感覚で感じて欲しいとの事からだそう。
豊平川や札幌の歴史なんかのパネル展示やらがありました!

   レストハウス  
   上へ 
   ゴンドラ

豊平峡トンネルの上にはレストハウスと展望台。 遊歩道を歩いて上に登ります!
見晴らし展望台までは140m。 舗装されてるけどちょっと急な道を歩きます。
見えてくるのがレストハウス「だむみえ〜る」。 由来はそのまま、ダムが見える場所だから。
軽食何かを食べれるみたいでしたが今回はパス。 この後ご飯を食べに行く予定ですし。
最初の展望台「見晴らし展望台」は、この だむみえ〜る の横にあります!
ちなみにここまではリフトカーにて移動が可能。足腰に自身の無い方は是非ご利用を。

   見晴らし展望台 
   渓谷展望台

上の写真が見晴らし展望台での1枚。全景が見渡せとってもキレイ!!
更に上へ150m程歩くと渓谷展望台。この先はリフトカーもないので徒歩オンリーです。
ここからは今までの舗装されている道から、砂利の階段道となり若干歩きにくい。
そこそこの傾斜も続きますので若干息が切れましたが時間はそんなにかかりません。
早速風景を楽しもうと撮ったのが下の写真。 緑に覆われて若干見づらい…。
苦労して登ったのに報われなかった場所。 標高が高いので気持ちは良かったです!

さて豊平峡を満喫したし、この後は温泉街に行ったりご飯食べに行ったりする予定!
…でしたが、ここで起こった大誤算! 豊平峡から出れない! まさかの事態に…。
徒歩で駐車場まで戻ると、駐車場出口から既に大渋滞! ナンデ?
恐らくは洞爺湖方面へ行楽に向かった人の帰宅ラッシュが始まっていたのだと思います。
渋滞した国道230号線に豊平峡からの帰宅客がなかなか合流できず大渋滞に…。
1本道なので迂回もできず豊平峡から国道230号線に抜けれたのは3時間半後。
そこから家に着くまでに計4時間以上もかかってしまう惨事に。同じ札幌市内なのに…。
結局どこへも行けず行きたかった店も閉まっており、そのまま今日を終えるハメに。
行楽シーズンの豊平峡は危険かも。 皆さまは時間にゆとりを持ってお楽しみ下さい!


【 豊平峡ダム 】
札幌市南区定山渓840番地先


大きな地図で見る

No.1 【 定山渓ダム - 札幌市南区 - 】
No.2 【 さっぽろ湖 - 札幌市南区 - 】
No.3 【 白糸の滝 - 札幌市南区 - 】
No.4 【 千丈岩 - 札幌市南区 - 】
No.5 【 九段の滝 - 札幌市南区 - 】
No.6 【 豊平峡ダム - 札幌市南区 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 



2012年01月06日

定山渓ダム - 札幌市南区 - 【 2011年10月 紅葉ドライブ Days1 1/6 】

さて年も変わりまして2012年。 本年もよろしくお願い致します!
一昨年の北京旅行記もやっと大方書き終わり、お次は昨年秋のドライブ記。
紅葉目がけて色々と行ってきたはずなのに、一部しかご紹介できてません…。
ですので冬の間に全て消化を目標に毎日綴っていきますのでお付き合い願います!

さて本編。 札幌で紅葉っていうともちろん有名なのが南区の定山渓。
今年も例年通り行ってみるか!って事で車を走らせます!
が! 前日の飲み会のせいで行動開始できたのが昼過ぎになってしまいました…。
今回はあんまり時間がない! 急いで車を走らせます!

   定山渓ダム 
   定山渓ダム 
   定山渓ダム

といってもそこは紅葉シーズン。 定山渓へ続く国道は既に大渋滞…。
札幌から洞爺方面までの最短ルートって事もあり、色んな所に紅葉見に行ってんだろな。
結局普段だとたいして時間もかからないのに、到着までに1時間以上もかかってしまった…。

目的は豊平峡。 しかし豊平峡へ続く道は案の定激込み!なので人が少ない時間にしよ!
って事でルート変更!国道から1本外れ、向かうは 「 定山渓ダム 」
定山渓についてから定山渓ダムまではたいして距離は無し。 5分位で到着!
目論見通り客は結構いるけど混んでる訳じゃない! これならゆっくり観光できる!
まだ数台空いてた駐車場に車を停め、早速観光スタートっ!

   ダム 
   展示

この日の紅葉はこんな感じ。 事前情報だと見ごろとの事でしたが、まだ5割程度。
若干見ごろと呼ぶには早いけど綺麗になりかけだし十分! 天気の良さが後押し!

定山渓ダムは石狩川水系小樽内川に建設されたダムで、旧名小樽内ダム。
小樽市にあるダムの事と勘違いされるため、定山渓ダムに改名。
堤高117.5m、堤長410mの重力式コンクリートダム。1974年に着手、1989年に完成。
ダム建設の目的は以下の通り。
 1 豊平川への洪水調節(毎秒2,900㎥→2,000㎥へ軽減)
 2 札幌市への上水道(日量375,000㎥)
 3 水力発電
支笏洞爺国立公園の区域で敷地内には定山渓ダム資料館、公園も整備されている。

   公園の噴水 
    ダム

敷地内には噴水有。 堤防に直接触る事も出来ます! 好きな人には堪らない1ヶ所。
ダム上部からの放水は洪水の時にしか行われないそう。 この日はもちろん見れず…。
他にダムの堤体内部にも展示がありホントであればふらっと見学できたみたい。
しかしこの日は改修工事中で見学できず…。ザンネン…。。。
次の機会があれば行ってみよ! まだダムの中って入った事ないんすよ〜。

   通路
    上部より

資料館横の階段から堤体上部へ登れます! っていっても上部は道路。
バンバン車が走ってますし車でも行けます!歩く事10分弱で上まで到着!
上から見る景色も最高! また上部に広がるのはダム湖である 「 さっぽろ湖 」
さっぽろ湖に関してはお次でご紹介しますので今回は割愛。 景色をお楽しみ下さい!
ここは紅葉最盛期でなくてもやっぱり綺麗!

何故かこの日はカメムシが大量発生…。 駐車場からずっとカメムシが飛び交ってました。
自然は好きだがムシは苦手なわたくし。 時々襲う背筋の寒気に耐えつつの観光。
だけど今までは大丈夫だった。 それが上に登ってから急変!
フライングカメムシ共が堤体に沿ってドンドンと上昇してくるんですよ!
なので下を覗くと結構な数のカメムシからアッパーカットくらった様な感触に…。
綺麗な景色の中に黒い点が写ってたとしたら…、恐らくカメムシです…。
天気も景色もいい!けどこれはザンネン。 こんなのはこの日だけでしょうが来年また改めて。


【 定山渓ダム 】
札幌市南区定山渓8
TEL : 011-598‐2513 (定山渓ダム資料館)
営業期間 : 5月中旬〜10月末


大きな地図で見る

No.1 【 定山渓ダム - 札幌市南区 - 】
No.2 【 さっぽろ湖 - 札幌市南区 - 】
No.3 【 白糸の滝 - 札幌市南区 - 】
No.4 【 千丈岩 - 札幌市南区 - 】
No.5 【 九段の滝 - 札幌市南区 - 】
No.6 【 豊平峡ダム - 札幌市南区 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

2011年10月19日

ほっき貝資料館 - 苫小牧市港町 - 【 2011秋 札幌近郊ドライブ Days3 No.6/7 】

ほっきカレーで腹も満たされた! さて次はどうするか…。
そういや入った事なかったな〜と、ふと思ったのが市場の横の小屋。

   ホッキ貝資料館

ぷらっとみなと市場の駐車場の横に立つこちら。
こちらは、「 ほっき貝資料館 」 !その名の通り、ほっき貝関連の資料館!
ほっきの歴史や漁の様子、ほっきのレシピ等が並んでいます!
時間や気温の関係でパスが続いてましたが、今回は初トライ!
入館料は無料! 早速中へ入ってみます!

   こんなのや 
   こんなのも
    真実の口
   ホッキっ木

館内には漁で使用された道具を始め、関連した資料・ホッキの種類の解説などがあります。
他にはアイヌ民話を元にした創作童話、カラスとホッキ の立体童話なんかも。

廊下の奥にあったのは 真実の口? あのローマにある有名な奴のパクリかっ!?
よ〜くよく見ると、ホッキ大王 って書かれてました。 大王って…。
「むかしむかしホッキの大好きな王様がおりました。朝はバター焼き、昼はカレー、夜はさしみとホッキ三昧の毎日でした。国民にもホッキを大事に育て、たくさん食べる様に命令しておりました。そしてこの掟を守らせるために年に一度全国民に王様の口の中に手を入れさせ ホッキ大好き度チェック を行いました。もしこの一年間に一度もホッキを食べた事が無い人が手を入れると抜けなくなると言う事です。」
うん、パクリだ。 でもストーリーは斬新。

そして一番目を引くのが、ホッキッ木 と呼ばれる木。
ホッキ絵馬に願いを書いてホッキッ木にぶら下げます。
その後ホッキッ木の横の鐘を鳴らし祈願する。
まさに一念発起の木、ホッキッ木! シャレが効いてます。 でもパンチは弱いな…。


【 ほっき貝資料館 】
苫小牧市港町2-2-5 ぷらっとみなと市場内
TEL : (0144)38-2888
営業時間 : AM6:00〜PM4:00 (水曜 AM11:00〜PM2:00)
駐車場 : 有


大きな地図で見る

Days1 No.1 【 ハルカヤマ藝術要塞 - 小樽市春香町 - 】
Days1 No.2 【 Asian Bar RAMAI 小樽店 - 小樽市春香町 - 】
Days1 No.3 【 星置の滝 - 札幌市手稲区 - 】
Days2 No.1 【 レクサンド記念公園 - 石狩郡当別町 - 】
Days2 No.2 【 石狩さけまつり - 石狩市本町 - 】
Days3 No.1 【 ラルマナイの滝 - 恵庭市盤尻 - 】
Days3 No.2 【 三段の滝 - 恵庭市盤尻 - 】
Days3 No.3 【 白扇の滝 - 恵庭市盤尻 - 】
Days3 No.4 【 ポロピナイ休憩所 - 千歳市幌美内 - 】
Days3 No.5 【 リトル・アンジェラ - 苫小牧市港町 - 】
Days3 No.6 【 ほっき貝資料館 - 苫小牧市港町 - 】
Days3 No.7 【 道の駅 サーモンパーク千歳 - 千歳市花園 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 


 人気ブログランキングへ   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。