2011年09月07日

STEIFF NATURE WORLD - 千歳市新千歳空港ターミナルビル内 - 【 台風の日の雨天ドライブ No.2/5 】

お腹も満たされた!って事で、次に向かうは千歳市!
雨天時に、しかも台風接近中に屋外施設に行くのは流石に無理!
なので屋内施設で遊ぶ予定。 向かうは 「 新千歳空港ターミナルビル 」
2011年7月にOPENしてから、まだ行った事が無かったので丁度いい!
時折ぱらついていた雨も、千歳市内に差し掛かった所で本降りに…。
それでも駐車場では、入口横が偶然空いてて雨に濡れずに館内へ入れました!

着いて早速施設内を散策。
すると早い段階で見えてきたのがこちらの施設。

   STEIFF 
   ネーチャーワールド
 
大きなぬいぐるみがたくさん! これは何だ!?
パンフを見て見ると、こちらは 「 STEIFF NATURE WORLD 」 というアトラクション。
ドイツのぬいぐるみメーカー、シュタイフ社のぬいぐるみとのふれあいがテーマとの事。

シュタイフ社は1880年創設で、主力製品はテディベア。 
このテディベアの 「 テディ 」 って何? って思った人もいるのでは?
由来は、第26代アメリカ大統領 セオドア・ルーズベルトの愛称がテディとの事から。

1902年、熊狩りに出かけたルーズベルト。 目の前にはハンターによって瀕死となった熊。
最後の一発は大統領に、とお願いするハンターに対し、ルーズベルトが言った言葉。
「 瀕死の熊を討つのはスポーツマン精神にもとる 」 。 カックイイ〜。
このエピソードが、当時の州境論争に引っかけてワシントンポストの風刺漫画として掲載。
そして、この風刺漫画を見たとあるN.Yのお菓子屋さん、モリス・ミヒトム。
妻ローズが手作りした熊の人形にテディベアと名付けて販売した所、一大ブームに!
その頃、アメリカの工場で熊のぬいぐるみを生産していたシュタイフ社。
このブームに乗って、熊のぬいぐるみがテディベアとして大量に広まったとの事です。
 (Wikipedia 参照 … ワザと話はくずしてます。 お堅い話は別のサイトで。)

そのシュタイフ社による、ドイツ国外では世界初となる常設施設がこちら!
施設内には約2,000体のぬいぐるみが展示されています!

   等身大テディベア 
   ウジャウジャ 
   アップで1枚

すぐにチケット購入! 気になったら行きたくなるのは昔から。
入場料は大人600円。 あとから考えたら、楽しんだ割に安いな、ここ。
最初に一通りアトラクションの説明を受けたら、扉の中に進む。

すると広がるメルヘンワールド! ぬいぐるみが一杯過ぎる!
自分と同じ身の丈のテディベアに始まり、からくり仕掛けのぬいぐるみが一杯動いてる!
ぬいぐるみ自体には特段興味はありません。でも、これは見てるだけで楽しい!
あまりの可愛さに、年甲斐もなくはしゃいでしまいました…。

   白クマ 
   乗れます

でも、やっぱりこの後も楽しくて、またはしゃぐ!
思えばぬいぐるみで遊んだのなんて、UFOキャッチャーの位だもんな。
色んな種類の動物のぬいぐるみがあって、その配置もまたいい感じ!
下のゾウのぬいぐるみは自分の身の丈以上!乗って記念写真も撮る事ができます!
試しに乗ってみましたが、そこで我に帰って凄く恥ずかしかった事はナイショ…。
他にも乗って撮影できるのが、3〜4体ありました!

   大型 
         熊

その他にテディベアの作り方とか、 高級なテディベアとかが飾られてました。
が、そこは撮影禁止。 気になる方は実際に体験してみて下さい。
中にはオークションで約1,500万円の値がついた! なんてのもありましたよ!


【 STEIFF NATURE WORLD 】
千歳市美々 新千歳空港旅客ターミナルビル 3階連絡通路
営業時間 : AM10:00〜PM6:00 (最終入場はPM5:30)
料金 : 大人600円 中高生400円 小学生以下300円 3歳未満無料



No.1 【 マルトマ食堂 - 苫小牧市汐見町 - 】
No.2 【 STEIFF NATURE WORLD - 新千歳空港ターミナルビル内- 】
No.3 【 Royce' Chocolate World - 新千歳空港ターミナルビル内 - 】
No.4 【 ドラえもんわくわくスカイパーク - 新千歳ターミナルビル内 - 】
No.5 【 PASTRY SNAFFLE'S - 札幌市清田区 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑


posted by tomo. at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道のテーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

松前藩屋敷 - 松前郡松前町 - 【 2011年 道南ドライブの旅 Days2 No.7/12 】

今回で松前公園はやっと終わり。
最後に向かったのがこちらの、「 松前藩屋敷 」

   松前藩屋敷 
   かご 
   いろり 
   人形も 
   自身番小屋

こちらは江戸時代末期の松前の街並みを再現したテーマパーク。
通行手形は大人1枚350円! ちなみに小人は230円。
入口から入ってすぐの所にはかごが置いてありました。
こちらは乗る事が出来る見たいでしたよ〜!

入ってすぐの所に立て看板を発見! ナニナニ…。
「蝦夷地唯一の城下町松前は、幕末時には戸数8,000、人口30,000人を数え、仙台以北では最大の都市といわれ、近江商人を中心として北前船(弁財船)によって日本海沿岸から江戸内海方面まで広く経済交流が行われ、大いに発展した町である。しかし、箱館戦争で城下町の3分の2を焼失し、廃藩後は士族・豪商が多く離散し、さらに打ち続く火災によって、古い街並は焼失した。町ではこれら往時の特色を持った建物14棟を再築し、松前藩屋敷と命名した。この場を通じ、北前船交流地との広域経済をすすめるとともに、松前藩の政治・経済・文化・民俗を理解していただき、さらに町の活性化、観光産業の飛躍を期待している。」
との事でした!

なお14の施設とは、沖の口奉行所、商家、髪結、民家、漁家、廻船問屋、売店。他に武家屋敷、番屋、自身番小屋、旅館、ウニ丼なんかが食べれるつばき屋なんかがあります。

   武家屋敷 
         武家屋敷 
   庭 
   鎧 
   看板

中でも一番魅かれたのが、武家屋敷。とっても雰囲気が出てました!
施設内では甲冑の着付けも体験できるそうで、甲冑着た観光客もウロウロしてました!
その格好で施設内で記念撮影! やってた人を見てたら結構面白そう!
機会があれば次は着てみたいです、甲冑!


【 松前藩屋敷 】
松前郡松前町字西館68
TEL : 0139(43)2439
開館時間 : AM9:00〜PM5:00 (最終入園PM4:30)
開館時期 : 4月上旬〜11月上旬迄
定休日 : 期間中無休
料金 : 大人350円、子人230円 (小学生以下無料)
各種体験 : 別途料金



Days1へ
No.1 【 函館朝市 栄屋食堂よさこい - 函館市若松町 - 】
No.2 【 白神岬 - 松前郡松前町 - 】
No.3 【 松前公園 - 松前郡松前町 - 】
No.4 【 松前藩主松前家墓所 - 松前郡松前町 - 】
No.5 【 光善寺 - 松前郡松前町 - 】
No.6 【 松前城 - 松前郡松前町 - 】
No.7 【 松前藩屋敷 - 松前郡松前町 - 】
No.8 【 不動滝公園・吉岡不動の滝 - 松前郡福島町 - 】
No.9 【 サラキ岬 - 上磯郡木古内町 - 】
No.10 【 トラピスト修道院 - 北斗市三ッ石 - 】
No.11 【 鈴木牧場牛乳 - 北斗市向野 - 】
No.12 【 法亀寺 しだれ桜 - 北斗市向野 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
posted by tomo. at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道のテーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

五郎の石の家 ‐ 空知郡富良野市麓郷 ‐ 【 2011年夏 富良野・美瑛ドライブ No.10/12 】

観光が終わったら、富良野市街で食事をしてから帰る予定。
けど前回の「拾ってきた家」で共通パス買ったし、次を見るまで食事はお預け。
時間は既に12時過ぎ。 今から向かったらできるかな〜、食事…。
まぁいいか! とりあえず楽しむ事にする!!
って事で、次に向かうは 「 五郎の石の家 」 。 「北の国から」観光、第2段!
ちなみに、この日の第3段目はありません!

早速車を山の方へ走らせる事、10数分。そんなに時間はかからない。
石の家入口横の駐車場に車を停めて、一息つく暇もなく中へ入ります!

         石の家 
   こ〜んな山道を登ります 
   そして見えるは石の家

拾ってきた家同様、入場料は300円! 共通パスはここでも買えます!
共通パスの金額は、前回記事か下のまとめをご覧あれ。

入場口を過ぎると山道に。 目的地はここから5分弱登った所です。
道の途中にはラジオが置いてあり、鈴の音が流れてます。
もちろん皆さんの想像通り、クマよけの為の鈴の音です。
流石山奥…、出るんですね〜、クマ…。

   石の家 遠景 
   石の家 アップ 
         屋内 
 
そしてこちらが石の家。 当ブログでは初めてのご紹介。
しかし、わたくし自身は2度目となるこの日。 お久しぶりです!と一礼して中へ。
前に来たのは5年前。その日と変わらない光景を楽しんでました。
…が、何故か、一点だけ楽しめない状態が続く…。

それは蝶々…いや!蛾かな? ドッチダ…。 とりあえず蝶々とする。
7月末…何故かこの日は蝶々が大発生してました!!?
石の家周辺にウジャウジャと…。黙ってるとぶつかってくるし、気持ちが悪いっ!
更には中に入ると、そこはもう蝶々の住みかみたいになってる…。
あらゆる所に蝶々が…。こんな北の国からは嫌だ! 予想外でビックリ!

   最初の家 
   最初の家

順路に沿って進むと現れるのが、こちらの 「 最初の家 」 。
名の通り、五郎さんが富良野に来て一番最初に住んだ家。

ドラマ全24話の方に思い入れのあるわたくしは、こちらの方が楽しめるはず!
…しかし! この中で待っていたのは、石の家より更に大量の蝶々!
嫌いなんですよ〜、虫…。 まぁ、悲鳴上げる程ではないですけど。
見てると全身がかゆくなってくる…。 結局5分もいれずに終了…。 ザンネン…。
次は虫がいない事を祈る。。。。


さて、これで観光終了! 札幌方面へと戻るか!
あれこれ見てたら既にゆっくりランチできる時間でもなくなった…。
本当は富良野カレーを食べて帰りたかったのだけど、まぁ仕方がない。
これから会うみんなにお土産だけ買って帰ろうと富良野市街へと向かうのでした。


【 五郎の石の家 】
空知郡富良野市麓郷
TEL : 0167(23)3388 (ふらの観光協会)
営業時間 : AM9:00〜PM6:00 または日没まで
入場料 : 300円 (小学生以下、障害者手帳提示で無料)
 拾ってきた家・石の家 共通パス 500円
 拾ってきた家・石の家・北の国から資料館 共通パス 900円



No.1 【 彩香の里 - 空知郡中富良野町 - 】
No.2 【 中富良野 町営ラベンダー園 - 空知郡中富良野町 - 】
No.3 【 ファーム富田 - 空知郡中富良野町 - 】
No.4 【 ファーム富田ラベンダーイースト - 空知郡上富良野町 - 】
No.5 【 ひつじの丘 - 空知郡中富良野町 - 】
No.6 【 日の出公園 - 空知郡上富良野町 - 】
No.7 【 四季彩の丘 - 上川郡美瑛町 - 】
No.8 【 かんのファーム - 空知郡上富良野町 - 】
No.9 【 拾ってきた家 - やがて町 - 空知郡富良野町 - 】
No.10 【 五郎の石の家 - 空知郡富良野市 - 】
No.11 【 フラノ・マルシェ - 空知郡富良野市 - 】
No.12 【 三段滝 - 空知郡芦別市 - 】
過去の日記一覧へ
最新の日記へ 

↓↓↓  ブログランキング参加中!  ↓↓↓
  人気ブログランキングへ   
↑↑↑ クリックで応援お願いします! ↑↑↑
posted by tomo. at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道のテーマパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。